• トップ
  • >
  • むらで暮らす
  • >
  • むらの願い

豊松協働支援センターでは、豊松地区内の住民組織、各種団体の参画を得て豊松地区の将来を考えた
むらづくり計画  『笑顔で暮らせる 持続可能な地域づくり』 を平成28年度に策定しました。
将来像は  『強い絆で支えあい 誰もが笑顔で暮らすむら とよまつ』 です。
平成29年度からは「福祉関連事業部」「むらづくり事業部」「生涯学習事業部」「特別プロジェクトチーム」に分かれ、計画実現のため検討を加え、実践していきます。豊松地区住民の皆さま、豊松地区出身の皆さま、一緒にふるさと「とよまつむら」を盛り上げていきましょう。なにかをきっかけに豊松に関わって応援いただいている皆さま、これからも応援をお願いします。

祝!「ちょっとよりんさい」オープン

豊松プラザ21内に地域住民の「憩いの場」誕生


豊松プラザ21の出店4店舗が閉店し、1年3月を迎えますが地域皆さんの「なんとかせなあ~いけんと!」の思いが結集し、運営母体となるボランティアスタッフが組織化され、店舗名称は「ちょっとよりんさい」と決定しました。
 
そして、2018年5月1日。
ついに豊松プラザ21において「ちょっとよりんさい」がオープンし、オープニングセレモニーが開催されました。豊松荒神神楽社によります神楽の紅白餅まきもあり、集まった約60名の皆さまから喝采を浴びました。
 
「ちょっとよりんさい」の運営時間は、火曜・木曜・土曜日の午前10時から午後4時までとしています。ぜひ1度おこしください。