素敵な村人が、あたなをお出迎え

 
「汗が光る、声が弾む」力いっぱい頑張れば、いつのまにか心が溢れていきます。とよまつむらには、楽しいお祭りがたくさんあり、そこでは「輝く瞳と明るい笑顔」を見つけることができます。

豊穣な自然。

春夏秋冬が明確に分かれている。喉かな農村の四季折々がここに暮らす人々をつつんでいます。元気に暮らすお年寄りが多いのはきっとこの土地のおかげかな。

すいせん(4月)

 
4月中旬から5月になると、すいせんが見頃です。上豊松の水仙ロード、下豊松の水仙公園は地域住民で管理され、毎年綺麗に咲き誇ります。

乱舞する源氏ホタル(6月)

 
6月中旬から7月上旬にかけていたるところで源氏ホタルが乱舞します。6月中旬には「ホタル祭り」が豊松中学校跡地で開催されます。

山ゆりの里(6月)

 
初夏になると八鳥集落の山ゆりの里で、香り漂う山ゆりの花が干渉できます。6月中旬にはイベントも開催されます。

マイナスイオン

 
広島県自然環境保全地域に指定された魚切渓谷にある滝。落差20mの豪快な滝からはマイナスイオンを感じることができます。

飛べ、この想い。

とよまつむらの中心地にある米見山の山頂にそびえる「とよまつ紙ヒコーキ・タワー」。子どもたちは勿論のこと、大人たちも夢中になり、少年時代に紙ヒコーキを作った思い出に浸りながら、大空に向かって飛ばします。

大パノラマから、飛べ

 
とよまつむらの中心にそびえる米見山。その山頂、標高661mに「米見山山頂公園」があります。とよまつ紙ヒコーキ・タワーでは、紙ヒコーキを作り、地上26mの展望台から紙ヒコーキを飛ばすことが出来ます。週末になると家族連れで賑わっています。大人が結構はまります。

弾ける心、弾ける笑顔。

秋が深まれば、とよまつむらの一大イベント「とよまつふれあいフェスティバル」が開催されます。特産品トマト詰め放題、猪汁の食べ放題などが楽しめる活気あふれるイベントです。メインイベントは全日本荷車引きレースで、仮装した参加者が会場を盛り上げます。

荷車引きレース

 
全日本荷車引きレースは、地域内はもとより、県東部をはじめ多くのチームが出場し、タイムやパフォーマンスを競い合います。

早食い選手権

 
とよまつ特産、トマトの早食い競争。お腹いっぱいトマトを食べて楽しもう!